今時の幼児教育事情とは

subpage1

雑誌やテレビ、インターネットでも話題になっていますが年々幼児教育は多様化しており、対象も低年齢化してきて早ければ子供が生まれてすぐから教育を開始する家庭も珍しくなくなってきています。
現在は天才育児と言って、将来東大を目指すために早くから幼児教育を開始するのです。

このロケットニュース24に関するご質問を解決いたします。

内容も昔からある公文の他にも、理系に強くなるためのパズル道場や、右脳に強くなるためのフラッシュカードを使った教室など都内を中心にたくさんあります。

赤ちゃんをだっこに関する有益な情報をご紹介いたします。

英語教室も時代とともにかなり変化してきており、英語講師はネイティヴは当たり前で、民間の幼稚園や保育園にも授業があったり、パソコンで会話できるスカイプを使った英会話や、幼児から通えるインターナショナルスクールが開催しているサタデースクールなどがあります。

いずれも幼児の習い事にしては高額ですが、教育熱心な家庭が増えてきているので、早い内からお金をかけて子供には質の高い教育を受けさせています。



また、私立の幼稚園や保育園では、小学生が学ぶような漢字や四字熟語、さらには漢文などを取り入れているところもあり、幼児教育も留まることを知らないほどです。
一方で幼児教育が過剰になってきているところもあり、幼児への影響を心配して警鐘を鳴らしている幼児教育専門家もいます。

もちろん幼児に負担のない範囲で教育を行えば、その子の才能を伸ばしてくれることには間違いないので、親は習い事の内容をよく調べて賢い選択をすることが必要になってきています。

教育の秘密

subpage2

小さなうちから勉強をさせるという事に抵抗感を感じている方もいるでしょう。確かに学生が行うような知識つめこみの勉強をする必要はありません。...

next

基礎知識

subpage3

現在は幼児教育の教室が数多くありますが、教室に通えない方には教材で学ぶ事も出来ます。年齢や目的から教材を選べ、子供が興味のあるイラストや音楽などで学んでいけます。...

next

教育の補足説明

subpage4

幼稚園に入園する3歳頃から小学校へ入園する6歳頃までの幼児である期間に、将来心身共に健康で活力のある人物に育てあげる事を目的として、子供を教育する事を幼児教育と言います。これは文字の書き方や数を数えるといった頭脳に対しての勉強面だけを指すわけではなく、例えば栄養バランスのとれた食事をとる事も、それに含みます。...

next

教育の話

subpage5

幼児教育が今とても注目されていますが、子供には大きな可能性を秘めているので幼児からしっかりと教育することによってその後の人生が大きく変わってきます。そのためにも小さい頃からしっかりと教育をさせることが大切ですが、どのような教育をするのが良いのかよく分からないと言った親御さんもいます。...

next